アクションが成果をもたらす

志望企業の求めるスキルや経験を早期に確認しよう

外資系転職を成功させるうえで、就職活動中に積極的に志望企業の説明会やセミナーに参加をしたり、採用試験の準備を始めたりとアクションを起こすことが重要となります。特に、ライバルが多い企業に転職をしたい場合には、英文で履歴書や職務経歴書を作成することや、採用担当者に自分自身のポテンシャルの高さをアピールすることがおすすめです。最近では、在職中から外資系転職の求人探しができる専用のサイトやアプリが続々と登場しており、無理なく志望業界の優良企業を見つけることが可能です。また、各企業が中途採用者に求めるスキルや経験について理解を深めるうえで、実際に外資系企業に長く勤務をしている人に話を聞いてみると良いでしょう。

職歴を活かせる職場を見つけよう

外資系転職を果たした後に仕事上で自分の力を発揮するためには、職歴を活かすことのできる職場を見つけることが肝心です。そこで、在職中に様々な業界で通用する実践的なスキルを磨くのはもちろんのこと、職場探しと並行して各企業におけるスキルアップの方法について考えることが重要です。また、特定の分野での経験が豊富な人については、人材紹介会社に登録をしておくことで、優良な外資系企業からヘッドハンティングの誘いを受けることができるケースもあります。そのため、満足のいく待遇で外資系企業で働きたい場合には、親身になって転職活動のサポートをしてくれる人材紹介会社にお世話になったり、随時気になる外資系企業の担当者とコンタクトを取ったりすることがおすすめです。